不動産フランチャイズ(FC)での開業を検討している方向けに特化して、おすすめのブランドを紹介しています!

不動産売買FC契約でありがちなトラブル事例と対処法とは?

公開日:2020/06/01  最終更新日:2020/06/05

フランチャイズを利用すれば最初から快適に商売をすることができます。不動産売買のサービスでもFC契約を行っているところはいくつかあります。それぞれのサービスにより支援体制などが違うので、どこを選んでいいのか迷っている人も多いでしょう。ここでは特に注意しておきたいFC契約のトラブル事例とその対処法を3つ紹介します。

本部がしっかり指導をしてくれないときがある

不動産売買の商売を行うにあたって必要になるのは接客スキルです。また業務を効率よくこなすための機材なども必要になるので注意しておきましょう。

基本的にフランチャイズ契約では研修制度というものを設けていて、本部がしっかりサポートを行ってくれます。例えばスタッフの育成をしてくれたり業務の進め方を教えてくれるので安心です。

注意しておきたいのが契約内容と違うサポート部分です。例えばFCのパンフレットを見たときに、カタログに書かれている研修やサポートを行ってくれるとは限りません。不動産売買FCのトラブル事例にはカタログに記載されているサポート内容とは違うものだったというものがあります。

実際に依頼をするとしっかりサポートを行ってくれない、研修がいまいちだったなど問題が発生したので注意が必要です。研修がしっかりできていないと業務効率が悪くなり売上も上げることができません。また接客なども不快にさせてしまうおそれがあるので商売をうまく出来ない可能性が高いです。

上記のような内容と違う契約をさせられてしまったら、損害賠償請求をすることができます。 本部にある程度の請求をしてお金を返してもらうことができるので安心です。また場合によっては契約を破棄することも可能なので安心です。その際には違約金は取られないので金銭的な問題は回避することができます。

契約違反で違約金を取られてしまうので注意

フランチャイズを知るうえで知っておきたいのが契約期間です。基本的にクライアントと本部は契約内容に従って締結を行い業務の連携を行います。その際に重要となるのが違約金というものです。違約金とは本部が定めた一定の条件を満たしたときに発生するもので、お金を支払わないといけません。

実際にフランチャイズを行っている契約者で、違約金を取られてしまったというトラブル事例は結構あるので注意しておきましょう。基本的に違約金はルールを破ったときに支払う必要があります。大半のルール違反が契約期間内の解約です。

期間満了をしていない状態で解消してしまうと違約金を取られてしまいます。対処法は満了するまで待ってから、更新手続きを行わず解約をすることです。そうすれば余計なお金を支払わずにすむので安心です。

ちなみに、中途解約をしたときに違約金が高すぎるといったトラブルが起こることがあります。支払う罰金は予め本部が定めているのが一般的です。

売上予測と比較して不当に高い金額を請求された場合は減額できる可能性があるので理解しておきましょう。しかし本部が契約内容に書かれている義務を履行しなかった場合で、さらにフランチャイズ解消を行うときは違約金がかかりません。

ただし上記のケースの場合は、不動産売買のフランチャイズ本部が約束した業務を履行しなかったことを立証する必要があるので注意が必要です。

売上予測と実際の売上がかなり違うトラブルもある

フランチャイズ本部では実際にFC加盟をするとどれくらいの売上を出すことができるのか予測をしてくれます。基本的に売上予測は確実性が求められるものなので、適当に算出していると大変なことになるため注意が必要です。

不動産売買においても売上予測は不可欠です。 しっかりした売上予測をしていればどのような活動をすればよいか、計画的に立てる事ができるので業務もはかどります。注意点として本部が提示した売上予測が現実とかけ離れている場合があるので気をつけましょう。

基本的に不動産物件の販売などは土地の下落などが起こってしまうので、100%の精度を誇る売上予測を立てることは非常に難しいです。ただあまりにも現実と乖離したような数字を持ち出してくるところは注意をしないといけません。数字を出すにはリアルな判断材料を用いて論理的に分析を行う必要があります。

もし本部がメチャクチャな売上予測を行っていて、現実と大きくかけ離れているのなら損害賠償請求をすることができるので覚えておきましょう。なお損害賠償請求はあくまで問題が起きたときに対処をするものです。

できるだけ現実と乖離しているような売上予測を立ててくる本部に加盟をしないようにするのが一番です。そこで実際に不動産売買のFC本部を選定するときには、どれくらいの実績があるのか確認しておきましょう。そうすれば地雷を踏んでしまうリスクを下げる事ができます。

 

不動産売買のFCトラブルは結構あります。例えば本部が契約内容と違うサポートをした、違約金を取られてしまったというケースが多いです。また売上予測と現実の売上が大きく乖離しているということもあるので、情報を集めてから本部に加盟をするのが安全です。

おすすめの不動産フランチャイズ(FC)ブランド一覧

おすすめの不動産FCブランド一覧!

イメージ
会社名ONE TOP HOUSE株式会社ハウスドゥセンチュリー21ピタットハウスアパマンショップ
説明会・セミナーなど見学会・セミナー・個別相談会ありセミナー・説明会・事業承継相談ありセミナー・説明会ありFCセミナー・オンライン相談室・事業承継セミナー・個別相談あり新規加盟説明会あり
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧