不動産フランチャイズ(FC)での開業を検討している方向けに特化して、おすすめのブランドを紹介しています!

【不動産業界の転職】再就職と不動産売買FCオーナーどっちがいい?

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/06/17

近年の日本では転職希望者の多くが自己都合で離職していますが、労働条件や仕事の内容などが主な離職理由とされています。男女別では男性だと会社の将来に不安を感じて再就職を考える人が多く、女性は労働条件を理由に離職する人が多く見られます。

再就職を希望する人の特徴について

日本では長い間終身雇用制度が採用されてきましたが、最近ではある程度の期間勤務したらよりよい労働条件を求めて再就職するケースが増えています。仕事を辞める人の多くが自己都合によるもので、企業から解雇されるケースは少数派です。

賃金以外の労働条件に不満がある場合が最も多い離職理由となっています。仕事内容に満足できない場合や、賃金が低いことに不満を感じているケースも多く見られます。同じ職場で長く働き続けるためには賃金も重要ですが勤務時間や職場環境、休日の日数などの方がより重要度が高くなります。

男性は会社の将来性に不安を感じて離職するケースが多く、女性は賃金以外の労働条件に不満を感じているケースが多く見られます。結婚している男性は家計を支える必要があるため、会社の将来性について関心を持っています。

働く女性には結婚や子育てなどに関係のある労働条件が非常に重要となります。再就職までの勤務期間は2年以上5年未満というケースが多く、年数が増えるほど離職する割合が減少します。転職を希望するのであれば、職場の雰囲気に流されずなるべく早めに行動することが大切です。

他の企業に再就職するだけでなく、不動産売買フランチャイズなどのビジネスを利用する方法もあります。フランチャイズビジネスは最初からスキームが完成しており実績があるため、未経験者でも安心して始めることができます。

不動産売買フランチャイズのオーナーになるには

不動産売買フランチャイズのオーナーになるには、初期費用として加盟金と保証金を用意する必要があります。加盟金は研修費用や企業名・ブランドを利用するための料金として支払います。

保証金はロイヤリティを支払うことができない場合や、第三者に損害が発生した場合などに備えるためのものです。フランチャイズに加盟すると、毎月ロイヤリティを支払う必要があります。

ロイヤリティとは様々なサポートやノウハウの提供を受ける代わりに、毎月の売上の一部を本部に納めるものです。店舗の売上に関わらずロイヤリティは発生するので、毎月無理なく支払うことができる不動産売買フランチャイズを選ぶとよいでしょう。

ロイヤリティの計算方式には売上歩合方式と定額方式、粗利分配方式の3種類が存在します。売上歩合方式は、売上の数%から50%ほどをロイヤリティとして支払います。この方式は最も一般的なもので、企業の中には売上が多いほどロイヤリティの割合が低くなるものもあります。

定額方式では売上に関わらず毎月定額のロイヤリティを支払います。1か月あたり数万円から10万円ほどの金額を設定しているケースが多く見られます。ロイヤリティの割合が一定なので資産管理をしやすいのがメリットです。

粗利分配方式では本部と加盟店が利益を分け合うようになっており、ロイヤリティの割合は30%から70%ほどとされます。売上に応じて詳細に金額の設定がなされているのが粗利分配方式の特徴です。

再就職と不動産売買フランチャイズのいずれを選ぶかについて

他の企業に再就職すればサラリーマンとして毎月安定した給料を得ることができます。ただし職場環境が最適なものであるとは限りません。再就職したものの労働条件などに不満があり、さらに転職を考える人もいます。サラリーマンになると生活を安定させることができますが、自分で理想の職場環境を築くのは困難です。

フランチャイズのオーナーになる場合は一定のリスクがあるものの、理想的な職場環境を築くことができます。実績のある企業とフランチャイズ契約を締結すればある程度はリスクを減らすことも可能です。自分の力で理想の職場環境を手に入れたいのであれば、不動産売買フランチャイズに加盟してオーナーになるとよいでしょう。

不動産売買フランチャイズを展開している企業には様々なものがあるので、オーナーになる場合には自分に合ったものを選ぶ必要があります。フランチャイズ企業を選ぶ際にはブランドイメージが非常に重要です。

知名度の高いブランドを利用することで、消費者からの信頼を得やすくなります。高い集客効果を期待するのであれば、ブランドイメージの優れた企業を選べば安心です。また販売戦略や具体的なサポート体制も重要になります。

不動産売買フランチャイズでは販売戦略や接客方法などがマニュアル化されています。研修やスタッフによる指導なども行われており未経験者でも開業が可能です。サポート体制が充実した企業と契約すれば安心して店舗を運営できます。

 

以前の日本は終身雇用制度が採用されていましたが、最近ではよりよい職場環境を求めて転職を考える人が増えています。他の企業に再就職すれば生活を安定させることができます。自分の力で理想の職場環境を手に入れたいのであれば、不動産売買フランチャイズのオーナーになるとよいでしょう。最適なフランチャイズ企業を選ぶ際にはブランドイメージや販売戦略、サポート体制などを検討することが大切です。

おすすめの不動産フランチャイズ(FC)ブランド一覧

おすすめの不動産FCブランド一覧!

イメージ
会社名ONE TOP HOUSE株式会社ハウスドゥセンチュリー21ピタットハウスアパマンショップ
説明会・セミナーなど見学会・セミナー・個別相談会ありセミナー・説明会・事業承継相談ありセミナー・説明会ありFCセミナー・オンライン相談室・事業承継セミナー・個別相談あり新規加盟説明会あり
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧