不動産フランチャイズ(FC)での開業を検討している方向けに特化して、おすすめのブランドを紹介しています!

不動産売買フランチャイズで違約金が発生するケースとは?

不動産屋をするときには、自分で独立する方法とフランチャイズに加盟する方法が用意されています。フランチャイズなら安い金額で開業できるので便利です。ただしフランチャイズは場合によって違約金が発生するので注意が必要です。ここでは違約金が発生するケースや、支払わなくてもよいケースから対策まで紹介します。

期間中に解約をすると支払い義務が発生する

フランチャイズ契約者と本部はライセンス契約を締結することによって、ビジネスパートナーとして商売をすることができます。本部に加盟をするために必須になることなので理解しておきましょう。

ちなみに契約する以上、契約期間というものが設けられています。契約期間中は本部の看板を利用して営業活動をする事ができますが、期間が過ぎてしまうと本部の看板は使えません。 再契約をすることによって、再び本部の看板を使用して商売をすることが可能です。

ちょっと注意しておきたいのが、違約金というルールです。基本的にフランチャイズでは、ある条件を満たしてしまうと違約金を払う必要があります。ルールに違反したときも支払いが必要で、結構な費用です。

誰に支払うのかというとフランチャイズ本部です。一種の罰のようなもので、契約書などにもしっかり記載されています。どれくらいの金額を払うのかは不動産売買を行っている本部によって違います。

ちなみに違約金というのは、何らかの損害が生じたときに支払うものではありません。例えば契約期間中に突然解約をしてしまったときに違約金を払うことになるので、注意が必要です。余計なコストを支払いたくないときは、契約期間内に契約の解消をしなければよいです。たったこれだけのルールを守ることにより、余計なコストを支払わずにすみます。

本部としては途中で解約されるとそれまで契約者をサポートしてきた時間やお金が無駄になってしまうので、デメリットは大きいです。

実は支払う必要がない場合もあるので理解しておこう

できるだけ違約金を支払いたくないという人は多いでしょう。不動産売買のフランチャイズでは、契約違反したときの罰金を支払わずに契約を終わらせる方法というものがあります。基本的に期間満了で終了させるのが、一般的な違反金を払わずに解約をする方法です。

他にも、債務不履行に基づく解除というものもあるので知っておくと便利です。民法上当事者に違反契約があるときには、その契約を解除することができます。例として、本部が契約書に書かれている内容通りのサポートを行わなかったときに、違約金を支払わずに解約ができます。

また、加盟店側が本部に対してロイヤリティを払わないといったケースも該当します。このような法律の規定に基づいた解除のことを法定解除と読んでいるので、知っておくと対応しやすいです。

契約書には、一定の事由があったときに契約解除ができるケースもあります。これは約定解除と呼ばれているもので、本部の契約内容により変化します。

例えば、支払い能力に不安のある場合や、嘘の情報を流して相手の信用を下げてしまう信用毀損などを行うといった行動により、違約金を支払わずに解約することが可能です。基本的に、相手に損害を与える場合は強制解約などになってしまうので注意しておきましょう。

上記のようなトラブルはよほどのことがない限りは発生しませんが、契約内容だけはチェックしておくと安全です。

トラブル回避のためには契約書を隈なくチェックする

不動産売買サービスの本部とフランチャイズ契約をするときには、違約金に注意をしないといけません。基本的に契約内容は本部が自由に決めることができます。そのため予想外のルールを設定していたりすると、意外なところで地雷を踏んでしまう可能性が高いです。予想外の違反をしないためにもしっかり契約内容を確認しないといけません。

フランチャイズ本部が提示する契約書には、重要事項や解除条件などが詳しく書かれています。不動産売買のフランチャイズなら、契約期間は5年や10年などといった長期にわたる契約をすることが多いです。

そのため内容を理解していない状態で契約をすると、トラブルが起こってしまう可能性があるので注意が必要です。契約期間を把握しておらず契約解除をしてしまうと違反をしてしまいます。

また本部と加盟店の契約更新期間なども確認しておきましょう。いつどのようなタイミングで更新をするのかをチェックしておけば、違約金を支払うリスクを大きく減らすことができます。また、算出方法も書類に書かれているのでチェックしておくと安心です。

どのような計算でペナルティの支払い金額が決まるのか、契約書に書かれているかを確認します。一般的に違約金はロイヤリティ1カ月分から数カ月分くらい設定されているので、これを基準に金額を調べます。また、分からないことがあればその場で担当者に確認しましょう。

 

不動産屋のフランチャイズでは、契約期間中に解約をすると違約金が発生するので注意が必要です。また発生しないケースもいくつかあります。トラブルを回避するためには契約をする前に書類を確認して、どのような条件が設定されているのか確認しておきましょう。

おすすめの不動産フランチャイズ(FC)ブランド一覧

サイト内検索
記事一覧