不動産フランチャイズ(FC)での開業を検討している方向けに特化して、おすすめのブランドを紹介しています!

【黒字を目指す】不動産売買フランチャイズの投資回収期間はどのくらい?

不動産売買のフランチャイズでは一戸建て住宅や分譲マンション、土地など様々な不動産を販売するための営業活動を行います。電話や飛び込みによる営業で顧客からアポイントを取ったり、要望を聞きながら最適な物件を紹介します。新聞やチラシ、インターネットなどによる宣伝も重要な営業活動の1つです。

不動産売買の営業活動を効率的に行うには

不動産は経済の状況に関わらず一定の需要があるため、不景気でも利益を得やすいというメリットが存在します。ただし不動産売買は取引価格が高額になるのが通常なので、スムーズに契約段階まで進めるには経験とノウハウが必要になります。

一般的な不動産会社の場合は、費用を抑えて宣伝・集客を行うため主にインターネットを活用します。特にSNSを活用した広告は拡散されやすいため、多くの人々に効率的にアピールできます。自社の公式サイトを作って取り扱う不動産の紹介を行っている会社も存在します。

ターゲットとなる層の人々が興味を持つような情報を充実させておけば、自然に自社の物件を確認してもらえるようになります。一般的な不動産会社が自社のホームページを作る場合は、SEO対策をしっかりと行うことが重要とされます。地域密着型の営業を行っている場合は、特定の地域に特化した情報を充実させる必要があります。

フランチャイズで不動産売買を行う場合も、インターネットで物件を紹介するのであればSEO対策が重要です。最近ではインターネットの広告が主流となっていますが、不動産業界では新聞やチラシなど紙媒体による広告も大きな効果が期待できます。

多くの不動産会社ではチラシのポスティングによって情報提供を行っています。ポスティングはターゲットを絞って効率的に物件をアピールできます。例えば賃貸マンションに一戸建て住宅販売のチラシを配るなどにより、ターゲットを限定した集客が行なえます。

より大きな集客効果を得る方法について

不動産売買を行う会社の中には百貨店など大型商業施設に出店するケースも存在します。個別に店舗を構えるよりも大型商業施設に出店した方が様々なメリットが得られるため、集客がしやすくなり営業効率が向上します。個別の店舗の場合は開店時にチラシを配ったりのぼりで存在をアピールするなど、宣伝に費用をかける必要があります。

しかし多くの消費者が集まる大型商業施設に店舗を出店すれば、特にチラシを配るなどの宣伝を行わなくても集客が期待できます。他の用事で百貨店などを訪れた人が、ついでにスタッフの話を聞いてくれるというケースも多く見られます。大型商業施設に出店すれば、費用を抑えてより大きな集客効果が得られるというメリットがあります。

百貨店などは駅や繁華街など街の中心的な地域にあるため好立地であることが多く、人の往来も多いのが特徴です。利便性の高い地域にあるので個別に店舗を構えるよりも高い集客効果が期待できます。個別の店舗の場合は雨や雪など天候によって客数が減ることがありますが、大型商業施設に出店している場合は屋内なので安定した集客を見込めます。

フランチャイズの不動産売買で黒字化を目指すのであれば、百貨店などの大型商業施設に出店するのも1つの方法です。大型商業施設の一画を借りるためには、ある程度の保証金や家賃を支払う必要があります。コストパフォーマンスを考慮して最適な場所に出店することが大切です。

不動産売買フランチャイズで黒字化するまでの期間について

不動産売買フランチャイズには様々なメリットがあるため、短い投資回収期間で黒字化することも可能です。実際の投資回収期間はスタッフの能力や地域の特性などによって変化します。短い投資回収期間で黒字化するためには、メリットを最大限活かして営業活動を行うことが大切です。

不動産売買フランチャイズは接客方法や販売戦略などのマニュアルがあるため、未経験でも始めることができます。開業前の研修では経験豊富なスタッフから経営ノウハウの指導が行われているので安心です。接客マニュアルや新規物件の開発、テレビや雑誌などにおける宣伝は本部の業務とされます。

オーナーは店舗運営にのみ専念できるので効率的です。本部にはブランド力があるため、高い知名度を活かして効果的に集客することができます。テレビや雑誌などで本部が行う宣伝の効果も享受できるので、個人で開業するよりもスムーズに店舗運営を行えます。

備品や設備などは本部から提供されるため仕入先を自ら探す必要はありません。少ない費用で効率的に事業を開始できるだけでなく、銀行から融資を受けやすいというメリットもあります。開業資金の一部を本部が負担してくれるケースも見られます。

投資回収期間は投資総額を年間の予想収益で割って算出します。年間の予想収益が多いほど投資回収期間が短くなります。より短い投資回収期間を達成したいのであれば、過去の実績や他のオーナーなどの評価を参考にしながら信頼できるフランチャイズブランドを選ぶことが大切です。

 

不動産売買を効果的に行うには宣伝など様々な営業活動が必要になります。店舗を出店する立地条件も営業成績に大きな影響を及ぼします。不動産売買フランチャイズであれば、接客方法や販売戦略などがマニュアル化されており未経験でも始められます。様々なメリットを活かして営業活動を行えば短い投資回収期間で黒字化することも可能です。過去の実績などを参考にしながら信頼できるフランチャイズブランドを選ぶとよいでしょう。

おすすめの不動産フランチャイズ(FC)ブランド一覧

サイト内検索
記事一覧