不動産フランチャイズ(FC)での開業を検討している方向けに特化して、おすすめのブランドを紹介しています!

不動産売買FCの加盟面接で聞かれる質問とは?流れを知っておこう

公開日:2020/08/15  最終更新日:2020/07/15

不動産売買フランチャイズでは加盟希望者がきちんと店舗を経営できるかを判断します。加盟店が何かトラブルを起こすと、ブランドイメージが損なわれる恐れがあるからです。何より店舗の経営が適切に行われなければ、フランチャイズ本部は利益を得ることができません。そのため加盟面接では、経営者の人物像に関しても審査されます。

開業資金を用意できるか質問される

不動産売買フランチャイズでの加盟審査や面接では、開業資金を用意できるか先ず質問されます。手元に現金が無くても、銀行や事業向け融資の審査をパスしていれば問題ありません。資金力の有無は、経営者の条件として重要な要素となります。

面接ではお互いの人物像を確認することも大事な要素です。多くの場合、面接担当者は加盟後にも当該店舗を担当する流れになります。そのため面接には、信頼関係を構築するという意味もあります。

不動産業は顧客相手の商売なので、丁寧な接客が求められます。FC加盟後は当該店舗がフランチャイズの顔になるので、そうした観点からも審査されます。それゆえ加盟希望者は面接担当者を顧客と考え、丁寧な対応を心がけるのが良いと言えます。

独立開業を目指すオーナーの多くは、サラリーマンの出身です。そこで面接では、サラリーマン時代のことも質問されることになります。その際には離職理由なども訊かれるので、正直に答えることが大事です。

ネガティブな事由を明示する必要はありませんが、可能な限り正直に伝えることが肝心です。面接で述べたことと後に明らかになったことが食い違うと、信頼関係を損ねる恐れがあるからです。

そして、面接では不動産業に必要な資格についても訊かれます。宅地建物取引業者免許は必須資格ですが、それ以外にも管理業務主任者やFP(ファイナンシャルプランナー)など推奨資格があります。面接時に資格が無くても、資格取得に前向きな姿勢を見せることが大事です。

不動産売買FCの代表による面談も

不動産売買フランチャイズに加盟するには、先ず加盟資料などを読んで説明会などに出席することになります。加盟資格や条件に特に問題が無ければ、加盟申請に進むことができます。その際には企業本部に必要書類を提出し、書類審査を受けることになります。場合によっては書類審査と同時に、加盟面接が行われたりします。

提出する書類には宅地建物取引業者免許などが含まれます。既に不動産業などを営んでいるのであれば、決算書や商業登記簿謄本などが必要になります。加盟審査では加盟金の支払い能力に加え、年齢などが問われます。経営者の年齢が高すぎた場合、フランチャイズの規定から外れる可能性があるからです。但し、後継者がいれば問題ありません。審査に合格すれば、フランチャイズ契約の締結となります。

不動産売買フランチャイズの審査は、不動産会社によっても特徴があります。大手FCの中には加盟審査の際、従業員名簿の提出を義務付けるケースもあります。他の大手FCでは、書類審査を行った後に会社の代表自らが面談したりします。その他、店舗の立地や周辺環境、店舗経営者の実績などが審査されたりするわけです。

審査が通過したら、加盟契約書の取り交わしに入ります。その際には、加盟金と保証金の支払いが必要となります。それが済めばフランチャイズ契約の完了となり、店舗の開業に向けた準備が始まる流れとなるわけです。

ブランドイメージを活用できるメリット

不動産売買フランチャイズに加盟することで、不動産会社は業績アップを期待できます。FCブランドの効果は高いものがありテレビCMなどで消費者に浸透しているからです。

但しブランドの知名度だけでは、経営を維持することはできません。加盟店舗自体が企業本部の理念・方針にしたがい、経営ノウハウを身につけることが大事です。その上でブランドイメージをフルに活用し、顧客獲得に努めることが可能になるわけです。

企業本部の担当者も、加盟店舗を全力でサポートしてくれます。基本的に企業本部は、必要に応じて加盟店舗をサポートします。経営が順調であれば、細かく干渉することはありません。

一方、不動産業の初心者に対しては、企業本部は指南役としてサポートしてくれます。実際、不動産業界未経験者でFC加盟し、高い業績をあげている店舗は少なくありません。

大手不動産売買フランチャイズであれば、いずれも首都圏や関西圏でかなりの知名度があります。それ以外のエリアでも、知名度が高いことが知られています。大手の不動産FCであれば、日本全国で相当な知名度があると言えます。

そして店舗の看板をFCブランドとして掲げることで、飛込の来店なども期待できるわけです。加えて、担当エリア内からも売却依頼などの増加が期待できます。さらに、賃貸物件などの不動産オーナーも、FCブランドを信用して問い合わせてくるものです。

 

不動産売買フランチャイズの大きなメリットは実績あるブランド力です。また、加盟店舗になることで、企業本部への問い合わせに対しても紹介を受けられます。それがビジネスチャンスの拡大につながるわけです。一方、加盟店舗もFCブランドの責任を負うので、FCの一員という自覚が大切です。

おすすめの不動産フランチャイズ(FC)ブランド一覧

おすすめの不動産FCブランド一覧!

イメージ
会社名ONE TOP HOUSE株式会社ハウスドゥセンチュリー21ピタットハウスアパマンショップ
説明会・セミナーなど見学会・セミナー・個別相談会ありセミナー・説明会・事業承継相談ありセミナー・説明会ありFCセミナー・オンライン相談室・事業承継セミナー・個別相談あり新規加盟説明会あり
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧