不動産フランチャイズ(FC)での開業を検討している方向けに特化して、おすすめのブランドを紹介しています!

【不動産業界】フランチャイズの仕組みと直営店の違いとは?

不動産屋には大きく分けて2つのものがあります。1つは直営店でもう1つはフランチャイズです。2つのものはどちらも内容が違っているので理解しておきましょう。基本的にフランチャイズは本部に加盟して活動を行うものなので、直営店とはちょっと違います。 ここではフランチャイズと直営店の違いを詳しく紹介します。

不動産屋のフランチャイズとはどんなものなのか

フランチャイズという言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。略してFCとも呼ばれているもので、コンビニなどで採用されています。基本的にフランチャイズは本部に加盟をして活動を行っている店舗を指す言葉です。

ちなみに加盟を刷るときには加盟金というものを支払います。加盟金以外にロイヤリティというコストを本部に支払うことによって、フランチャイズ形態を維持できるといったシステムです。

ロイヤリティは売上総利益に対して適用されるもので、約30%から70%くらいは取られてしまいます。必要になるロイヤリティはどの本部に加盟をするのかにより変化します。 基本的にロイヤリティは売上が高いほど支払う金額も高くなるので一定ではありません。

例えば利益が3,000万円でたらその中の30%の900万円を本部に支払うといった内容です。結構取られてしまうと感じる人は多いでしょう。本部の看板を利用して商売を行う事ができるのがメリットです。

自分で店舗を持って営業をするときには、すべての活動を自分で行う必要があります。例えば宣伝広告活動を行い、知名度を上げて顧客を獲得します。知名度を上げる活動を非常に難しく時間もかかるのがネックです。不動産屋の本部に加盟すれば、すでに知名度のある本部のシステムを使えるので営業活動のハードルも低く集客もしやすい仕組みです。

直営店は本部が直接経営を行っている店舗

不動産売買を行っている不動産屋には直営店もあります。直営店はどんなところかというとチェーンで運営を行っている企業が自社で直接的に経営を行っている店舗です。そのためフランチャイズとは違うので注意しておきましょう。直営店に入っているスタッフはすべて自社スタッフになっているのがフランチャイズとの大きな違いです。

また設備なども自社がすべて揃えているので、本社の一部として機能をしています。配属されている責任者は店長などの役職が与えられています。雇用先も本社なので個人契約を行うフランチャイズとは違いま。では、不動産売買を行うにあたって直営店はどんなメリットがあるのでしょうか。

基本的に自社で雇用をしていて、店舗も自社経営です。そのためマネジメントを行いやすく自社の方針をすぐに反映する事が可能です。チェーン全体で統一感のある経営を行う事ができます。途中で戦略の変更をするときなども柔軟に対応することができるので、場合によっては直営店のほうが体制を整えやすいです。

フランチャイズでは契約者に取り分が入ります。直営店なら本部の収益を最大化することができるので、多くの収益を得たいときに活躍してくれます。ちなみに直営店は自社持ちのコストになるので、資金力がないと出店スピードが遅くなってしまうのがネックです。スムーズに出店数を増やすにはフランチャイズが適しているでしょう。

フランチャイズのメリットを知っておこう

これから不動産売買の商売を行うのならフランチャイズの利用がおすすめです。独自の仕組みをしているので個人で不動産会社を立ち上げるよりも非常にコスト面が優れています。

そのため、営業面でもメリットが多いので本部に加盟を検討してみましょう。実際にどのようなメリットがあるのかというと、最大のメリットは開業までの時間を短縮できる部分です。一般的に不動産会社をするには店舗の取得から開業資金の用意をしないといけません。

また宅建を取得しなくても問題ないといったメリットもあるので便利です。宅建とは国家資格の1つで宅地建物取引士を略したものです。 宅建を取得してから各都道府県で登録を行い、宅建士証の交付を受けないといけません。その後も5年ごとに更新をする必要があるのでかなり面倒です。

宅建を所有していると信頼性が高まり多くの顧客を獲得できる可能性が上がります。不動産売買の本部に加盟をすれば宅建を取得する必要がなく、不動産会社を運営する事が可能です。そのため宅建に合格するまでの時間を短縮できるので非常に便利でしょう。ビッグチェーンに加盟をすれば全国規模で知名度の高い不動産屋を営業できます。

また管理から集客まですべて一元管理することができるので、業務システムを構築する必要がないといったメリットもあります。スムーズに業務をこなせるようになるので、すぐに不動産屋をしたい人におすすめです。

 

フランチャイズは本部と契約を行い不動産屋を営業するスタイルです。直営店は本部が直接経営を行っている店舗です。基本的に本部に加盟をして営業をすればすぐに開業できる、本部の知名度で営業が可能といったメリットが多く便利でしょう。

おすすめの不動産フランチャイズ(FC)ブランド一覧

サイト内検索
記事一覧