不動産フランチャイズ(FC)での開業を検討している方向けに特化して、おすすめのブランドを紹介しています!

不動産売買不フランチャイズの事業計画書のポインを押さえておこう

フランチャイズに加盟することによって事業を立ち上げるのがスムーズになります。しかしフランチャイズ展開をしている親会社も、応募した人全員をフランチャイズに加盟させているわけではありません。不動産売買のフランチャイズに加盟する際であっても、しっかりとした事業計画書の作成が必要になります。

事業計画書の何をチェックされているかを知る

事業計画書を作成するにあたっては、応募先である親会社が事業計画書のどういった部分をチェックしているのかを確認しておくと良いでしょう。親会社がどういった部分をチェックしているかについては不動産売買業界であっても、飲食業化であっても、それほど大きな差はありません。

まず、最も重要視されるであろうチェック項目が、売り上げと収支の見込みです。不動産売買業界であれば、不動産物件を売却した際にどれくらいの収益を見込めるのかというのがはっきりと明記されている必要があります。

しかしながら根拠のないような収益計算では相手にしてもらえません。自分が取り扱おうと考えている物件はどれくらいの需要があるのか、周辺の不動産取扱店と自分の店舗ではどのような違いがあり、また強みを持っているのかなどが問われます。

次に事業を始めるには初期費用が必要ですが、初期費用の内訳に記入漏れがないかも確認される部分の1つです。不動産売買を始めるのであれば、店舗を構える費用が必要ですし、フランチャイズに加盟するならば加盟料が必要です。

そしてもちろん取り扱う物件の購入費用も必要です。それらがきちんと網羅されているかを事前に自分で確認してから提出しましょう。そのほか、月々の必要経費がしっかりと明記されているかも重要ですし、資金を調達するなら調達計画も記載しておかなければいけません。そして初期投資にかけた費用をどれくらいで回収できるのかもとても重要になります。

親会社が納得するような事業計画書とは

事業計画書の書き方を紹介しているサイトはたくさんありますが、その指示通りに書いても形式的なものとなってしまいます。親会社が納得し、加盟を認めようという気になるような計画書の作成を心がけるためにはどのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。

まず、基本中の基本として読みやすい文章であることが大切になります。これは事業計画書を作成するときだけではなく、相手に呼んでもらう書類を作成するときには必ず重要となるポイントです。

相手に読みやすい文章にするには「5W1H」の文章になるようにしましょう。5W1Hとは日本語に直すと「いつ、どこで、だれが、何を、どうした」といったことが記載されている文章で、この文章になっていると読んだ人にすぐわかる書類になります。

次に事業計画書には売り上げや顧客数などといった目標を記載することが一般的ですが、この数字は実現可能なものを記載しましょう。実現可能な数字を記載するためには、業界の下調べが重要になります。

不動産売買であれば、自分が開業しようと考えているエリアでは、どのような物件が需要は高いのか、どういった年齢層の人が主に購入しているのかなどを調べると、実現可能な数字を導き出せるでしょう。

そして実際に売り上げるまでの事業の進め方は日程なども含めて細かく記載するようにし、短期、中期、長期でそれぞれ事業計画をきちんと立てておくのも親会社に認められる事業計画書を作成するための大きなポイントです。

資金調達をするための事業計画書

事業をはじめるための資金をすべて自分で準備できるのであればそれに越したことはありませんが、不動産売買では数千万円単位の商品を取り扱います。売却用の物件を購入できるだけの資金を準備できているという人はごく少数でしょう。したがって不動産売買の事業を始める際には資金調達が必須となるといっても過言ではありません。

しかしフランチャイズの加盟と同様に、金融機関側も融資したお金をきちんと返済してもらえないように事業を始めようとしている人には決してお金を融資しません。ですから加盟するための事業計画書とは別に、資金調達用の事業計画書も必要になります。

資金調達をするための計画書を書くときに重要なポイントというのも、フランチャイズに加盟する際のものとそれほど変わりありません。最も重要なのが融資してもらったお金をきちんと期日内に返済できるということが証明できるような、融資の妥当性や必要性を感じられる計画になっているかと追う点です。

そして、返済能力の根拠もしっかりとチェックされます。いくら将来的に期待が持てるような計画だったとしても、返済能力が無ければ融資したお金は無駄になってしまいます。ですから融資してもらえたら確実に利益を生み出すことが出来ることがわかるような経済力や、返済能力を数字で提示するようにしましょう。

 

事業計画書はフランチャイズに加盟する際には必ず必要となる書類です。記載するにあたっては、実現性の高い計画になっているか、そして確実に利益を計上できるようなものとなっているかという事が重要になります。資金調達の計画書は親会社の担当者と相談しながら作成すると良いものができるでしょう。

おすすめの不動産フランチャイズ(FC)ブランド一覧

サイト内検索
記事一覧