不動産フランチャイズ(FC)での開業を検討している方向けに特化して、おすすめのブランドを紹介しています!

不動産売買FCで理解しておきたいエリア制の仕組みとは?

不動産売買フランチャイズの特徴として、エリア制が挙げられます。エリア制は地区本部制、又はエリアフランチャイザーとも称される仕組みです。この制度の下では、加盟店は企業本部に加えて特定エリアの本部の管理下にも置かれます。加盟店の募集や契約に関しても、各エリアの本部が担うことになったりします。

フランチャイズにおけるエリア制のメリット

全国展開する不動産会社の場合、企業本部だけで加盟店の募集や管理を行うのは不可能に近いものがあります。そのため多くの大手不動産フランチャイズでは、エリア制を導入して業務の軽減化及び効率化を図っています。加盟店側も契約などの手続きが迅速になるので、本業に集中できるメリットがあります。

不動産売買フランチャイズの役割は、良質な不動産サービスを拡大することにあります。良質なサービスとは顧客を最優先にするもので、それが企業の生き残りにつながるのです。顧客が不動産会社を選択するポイントは、会社の名前が有名であることです。昨今の情報化社会では、何かトラブルが起きた会社は直ぐに淘汰されてしまいます。

一方、名前が残っているブランドであれば、消費者は安心して利用することができます。消費者に信頼されるには、必要な情報を適切に提供することが大切です。フランチャイズの企業本部は、そうしたことを経営ノウハウとして加盟店に指導しています。

そして、それが確実に実践されているか確認するのが、各エリアに置かれたエリア本部の役割になるわけです。すなわちエリア制は、本部企業が事業を拡大する上で、重要な役割を果たす制度だといえます。会社のイメージでいえば企業本部が社長で、エリア本部は各部をまとめる部長のような位置付けとなります。

エリア制は企業本部にとっても有利

不動産売買フランチャイズのエリア制には、大きく二つのタイプに分けることができます。一つが「サブ・フランチャイズ」で、もう一つが「エリア・ディベロップメント」です。

まず、サブ・フランチャイズはランチャイズ加盟店の募集、及び管理をエリア本部が担う仕組みです。加えて、直営店の管理なども手掛けます。そのため加盟店に対する権限や責任が強く、管理に関してもある程度の柔軟性が認められます。その分、企業本部の理念や方針の徹底が緩やかになる傾向があります。それでも企業本部の影響が少ない分、事業展開がしやすくなるメリットがあります。

それに対して、エリア・ディベロップメントはサブ・フランチャイズとは異なる側面を持ちます。このエリア制では、エリア内の直営店に限って権限と責任を負っています。サブ・フランチャイズと比べ、対応範囲が限定されることになります。企業本部側から見れば、理念や方針を徹底させやすくなります。

どちらのエリア制が優れているかは、企業本部と加盟店の関係性から判断する必要があります。不動産売買フランチャイズの場合、多くのケースはエリア制での加盟店となります。企業本部にとってエリア制は、事業の拡大がしやすいメリットがあります。

それが収益の増加につながるので、会社全体としても歓迎されます。加盟金やロイヤリティーに関しては減少するものの、その分を出店スピードで補えるわけです。

エリア制ではエリア本部の役割が重要

不動産売買フランチャイズにとって、エリア制は知名度の向上につながります。知名度の向上は販促効果を発揮し、加盟店の集客力が高まります。エリア本部になれば加盟店としての収益向上が図れるだけでなく、フランチャイズ本部としての収益も望めます。

特に直営店を出店する際には、通常のコストよりも抑えた経営が可能になります。不動産経営のノウハウを維持しながら、収益の窓口が広がるのが大きなメリットといえます。

一方、エリア制では企業本部の目が届きにくくなることから、ブランドイメージを稀釈する可能性があります。エリア本部に加盟店加入の裁量が委ねられており、加盟審査が緩やかになるケースもあります。

そうなれば従来の厳格な審査で通らなかった不動産会社でも、加盟するようになります。その中には加盟店として、条件を満たしていない会社も含まれるリスクが出てきます。もちろん、エリア本部のほとんどは厳格な加盟審査を行いますが、審査チャンネルが増える分だけリスクも増加するわけです。

加えてエリア本部は、企業本部と加盟店の間に立つので、パワーバランスをいかに保つかが重要になります。基本的に加盟店は企業本部の干渉を受けないので、企業側の意図が伝わりにくい側面があります。企業ブランドの理念や方針を徹底させるには、エリア本部の手腕一つにかかっているといっても過言ではありません。

 

不動産売買フランチャイズのエリア制では、エリア本部の果たす役割が重要です。加盟店を募集する際には、本部企業の理念や方針に則って行う必要があります。エリア本部は加盟店の管理を任されており、適切に管理することがブランドイメージの維持につながります。

おすすめの不動産フランチャイズ(FC)ブランド一覧

サイト内検索
記事一覧