不動産フランチャイズ(FC)での開業を検討している方向けに特化して、おすすめのブランドを紹介しています!

不動産売買フランチャイズで必要な事前準備を押さえておこう

フランチャイズ契約で不動産売買事業を行なおうと考えた時、前もってやるべき事は何か気になるところかと思います。個人での起業とは違い、自分で行なわなくて済むものもありますが、それでも起業するために不可欠なことはいくつかあります。ここではどんな事前準備が必要となるのか、基本的なことをいくつか取り上げて見ていきましょう。

まず事前調査は念入りに行なおう

不動産売買をフランチャイズ形式で起業するにあたっては、事前準備としてまずは情報の収集が何よりも不可欠です。インターネットなどで不動産関連のフランチャイズ情報をチェックし、この業界・業態の動向を調べることで、好調かどうか現在の状況や将来性などをあらかじめ知識として頭に入れておくことが大切だと言えます。

情報を仕入れていく中でいくつかの企業が候補としてピックアップされていくかと思いますが、それぞれの運営方針や得意としているもの・ターゲット層などを比較してみて、特徴を洗い出していきます。

興味のある会社があれば、問合せや資料請求また説明会などに積極的に参加して、詳細な情報を収集すると良いでしょう。1社の説明会に出席すると何となくそこが良いような気がしてしまうものですが、冷静になって必ず複数の会社とコンタクトを取ってみることが必要です。

多くの中から最良のところを選ぶのはなかなか難しいものですが、一般に良い不動産フランチャイズの特徴として「研修やサポート体制がしっかりしている」「長年の実績によるノウハウがある」「事業展開が幅広い」などの強みを持っていることが多いです。

また「加盟店業界ではトップクラス」「世界的にも有名ブランドである」などの点を重視して選ぶ事も出来ます。いずれにしても後悔がないよう、事前調査は念には念を入れて行なう事が賢明だと言えるでしょう。

開業に必要な資金を算出しておく

独立開業で事業を行なうためには、何よりも「資金」がなくては始める事が出来ません。通常、開業資金には物件を取得するための費用を合わせて多くの資金が必要で、開業準備を始める前には「資金はどれくらい必要か」を詳細に把握しておく必要が生じます。

それでも、店舗やサービス内容のコンセプトしか決まっていない状態では正確な費用を算出することは難しく、同エリアの同じ様な業態を参考に概算を出す程度になりかねません。

一方、フランチャイズ形式でしたら契約時に「加盟金」や「保証金」を支払う事が一般的で、それらの費用ははっきり明示されていることがほとんどですので、あらかじめ知る事が出来ます。

加盟時に必要なそれらの費用は「初期費用」と言われるもので、加盟金は初期の研修費用や本部のブランド名などを利用するための費用で、保証金というのは加盟店が本部にロイヤリティを払えない場合などを想定して、前もって本部に納めておくためのものです。

また、契約してからは本部に「ロイヤリティ」を支払う義務が生じてきます。この額は定額で決めているところもありますし、売上の何パーセントという設定にしている企業もあります。

このように、個人での独立・起業と比較して開業資金を具体的に把握しやすいというのもフランチャイズの魅力だと言えるでしょう。特に、フランチャイズ事例を多く持っている企業なら、資金準備についても参考となるノウハウを持っていることが多くなります。

集客するための方法を知っておく

個人で不動産売買事業を始めると、何よりも頭を悩ませる問題が「集客できなかったらどうしよう」という点です。不動産は比較的景気の影響を受けにくいという一方で、高い出費となることから契約までこぎつけることがなかなか難しいという側面も持っています。そのため、出来るだけ集客力を上げるにはさまざまなアプローチをすることが必要な業界です。

集客方法にはいくつかあり、まずは「インターネット」で情報を拡散する方法です。特にSNSなどをうまく利用して広告を打ち出せば、情報を多く広めることが可能になります。

また、公式サイトではSEO対策をしっかりすることで集客効果が高まりますので、ニーズを把握して検索されやすい流れを作ることが大切です。他にも、昔からある「チラシ広告」「ポスティング」なども有効で、近隣エリアへの住み替えを検討中の顧客に効率よくアピールすることが出来る点などのメリットがあります。

このように集客方法を事前に頭に入れておくことは、不動産売買事業を行なうにあたって決して無駄にはなりません。さらに、集客という点でもフランチャイズ形式でしたら本部が持つ多くの事例や培ったノウハウによって、サポートが受けられるのがメリットです。

また本部企業は経営ノウハウだけではなく知名度やブランド力を持つところも多く、その分集客力が高いということも言えます。

 

ここでは不動産売買フランチャイズを行なう前の準備として「事前調査」「必要資金の把握」「集客方法を知る」という3つを見てきました。これらを念頭におき、フランチャイズならではのメリットを大いに活用しながら、起業への準備をぬかりなく行ないましょう。

おすすめの不動産フランチャイズ(FC)ブランド一覧

サイト内検索
記事一覧