不動産フランチャイズ(FC)での開業を検討している方向けに特化して、おすすめのブランドを紹介しています!

おすすめ不動産フランチャイズ(FC)ブランド

株式会社 ONE TOP JAPANの画像
インショップと幅広い事業展開で効率的な集客が可能

ONE TOP HOUSE/YAMADA不動産は株式会社ONE TOP JAPANが運営している不動産FCです。インショップ不動産を強く押し出しているので、ヤマダ電機やイオンなどの家電量販店・ショッピングモールへの出店が可能です。

総合不動産FCとして、独自のシステムで充実のサポートを提供しているため、賃貸・売買だけではなく、リフォームや新築相談、老人ホーム紹介業など事業をさらに拡大して収益アップが狙えます!

株式会社 ONE TOP JAPANの基本情報

会社概要
(会社名・本社所在地・TEL)
・株式会社ONE TOP JAPAN
・〒533-0031 大阪府大阪市東淀川区西淡路1-1-32 新大阪アーズビル11F
・0800-333-1102
加盟店数 61店舗
問い合わせ方法 公式ホームページ(専用フォーム)・電話
説明会・セミナーなど 見学会・セミナー・個別相談会あり
株式会社ハウスドゥの画像
サポートや研修も充実!急成長で注目されるハウスドゥ

「3年で100店舗増えた大急増店」としてテレビでも取り上げられたハウスドゥは、3つのFCブランドを展開。自社のサービスの専門性をより高め、ビジネスの強化・多角化を促すためにおこなっています。

自社の直営店で20年以上培ってきたノウハウを活かし、さまざまなサポートをおこなっています。加盟店同士で切磋琢磨しあえる環境をつくるため、工夫を凝らしているのも特徴の一つです。

株式会社ハウスドゥの基本情報

会社概要
(会社名・本社所在地・TEL)
・株式会社ハウスドゥ
・〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワーN館17F
・0120-544-054
加盟店数 645店舗
問い合わせ方法 公式ホームページ(専用フォーム)・電話
説明会・セミナーなど セミナー・説明会・事業承継相談あり
センチュリー21の画像
世界的に有名なブランドだから安心感・信頼感がある

センチュリー21は、世界的に有名な不動産ネットワーク。首都圏・関西圏での知名度は90%以上と、日本国内でもかなりの知名度を誇っている会社です。

直営店を持たないことにこだわりを持ち、加盟店に主体性のある経営ができる環境を整えています。独自に開発したITシステムと研修プログラムによるサポートで、加盟店は安定した経営を目指せます。

センチュリー21の基本情報

会社概要
(会社名・本社所在地・TEL)
・株式会社センチュリー21・ジャパン
・東京都港区北青山2-12-16 北青山吉川ビル7F
・0120-057-021
加盟店数 954店舗
問い合わせ方法 公式ホームページ(専用フォーム)・電話
説明会・セミナーなど セミナー・説明会あり
ピタットハウスの画像
安定経営を目指すなら人材育成第一のピタットハウス

ピタットハウスは何より「人材育成」を大事にした不動産会社です。どの店舗でも均一かつ高水準なサービスを提供できるよう、新人・経営者のそれぞれに合った研修を用意しているほか、クロスメディア戦略や店舗オペレーションなどのサポートも手厚くおこなっています。

スタッフ個人だけではなく、店舗全体のレベルアップにつながる教育を施している会社と言えるでしょう。

ピタットハウスの基本情報

会社概要
(会社名・本社所在地・TEL)
・ピタットハウスネットワーク株式会社
・〒103-0027 東京都中央区日本橋3-4-10 スターツ八重洲中央ビル2階
・03-3510-0010
加盟店数 600店舗
問い合わせ方法 公式ホームページ(専用フォーム)・電話
説明会・セミナーなど FCセミナー・オンライン相談室・事業承継セミナー・個別相談あり
アパマンの画像
加盟店数業界No.1だからFCのノウハウも豊富

アパマンショップは加盟店数業界No.1の不動産FCです。濃い青を基調にしたCMは、さまざまなメディアで宣伝しているほか、人気の若手俳優を起用していることもありインパクト大!日本国内での知名度は非常に高いと言えます。

オープン前とオープン後でしっかりとフォローしてくれるので、すぐにオープンできるのが魅力。未経験でも即戦力として活躍できるはずです。

アパマンショップの基本情報

会社概要
(会社名・本社所在地・TEL)
・Apaman Network株式会社
・〒100-0004 東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル3階
・※不明
加盟店数 1,155店舗
問い合わせ方法 公式ホームページ(専用フォーム)
説明会・セミナーなど 新規加盟説明会あり

よく読まれている記事

おすすめのフランチャイズブランドを一覧にまとめました


イメージ
会社名ONE TOP HOUSE株式会社ハウスドゥセンチュリー21ピタットハウスアパマンショップ
説明会・セミナーなど見学会・セミナー・個別相談会ありセミナー・説明会・事業承継相談ありセミナー・説明会ありFCセミナー・オンライン相談室・事業承継セミナー・個別相談あり新規加盟説明会あり
問い合わせ方法公式ホームページ(専用フォーム)・電話公式ホームページ(専用フォーム)・電話公式ホームページ(専用フォーム)・電話公式ホームページ(専用フォーム)・電話公式ホームページ(専用フォーム)
おすすめポイント①インショップ不動産で集客力抜群!老人ホーム紹介業など幅広い事業展開も可能3つのFCブランドを展開し、より専門性とビジネスの強化・多角化を促進している国内のみならず世界に通用する圧倒的なブランド力人材育成を大切にしているから、それぞれ役職やスタッフのスキルに合わせた研修をおこなう国内知名度が非常に高い
おすすめポイント②YAMADA不動産FCの運営・管理もしているから、ヤマダ電機での出店も可能直営店で20年以上培ってきたノウハウで、さまざまなサポートを実施直営店を持たないからこそできる丁寧なサポート店舗業務の負担を減らすシステム「RJ-2」を利用することで、業務効率を向上オープン前後でしっかりと研修を実施しているので、未経験でも安心してチャレンジできる
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

不動産フランチャイズ(FC)で成功するための秘訣とは?

皆さん初めまして!私は現在、不動産会社に勤めている会社員(30代・男)です!

「近いうちに独立したいな」と考え色々と情報を集めているのですが、調べていくうちに自分のスキルや経験を活かすならやはり不動産フランチャイズ(FC)が一番良い方法だと考えるようになりました。

不動産FCについて少しずつ詳しくなってきたので、私と同じように独立や開業を目指す方の参考になればと思い、サイトを立ち上げました。「そもそもFCってどんなことするの?」「何から始めるの?」という初歩的な疑問も分かりやすく解説しながら、私のおすすめFCブランドもご紹介したいと思います!

不動産開業に求められるスキルとは…

ここまでフランチャイズの開業におすすめの不動産会社を紹介してまいりましたが、いかがだったでしょうか?紹介した不動産会社をご覧いただき、フランチャイズ開業の魅力やイメージをお持ちいただけたのであれば幸いです。

さて、一口にフランチャイズの開業といっても、その他ビジネスと同様簡単に成功できるものではありません。不動産業界であれば、当然不動産が売れないとビジネスとして成功することは難しいでしょう。

そこで、不動産を売るためにはどういったスキルが必要なのかアンケート調査を行ってみたので、少し紹介したいと思います。

アンケート調査を行ったところ、不動産を売るために最も必要なスキルとして「不動産に関する知識」に票が集まる結果となりました。次いで表が集まったのが「丁寧な対応」「トーク力」でした。

職業柄じかにお客様の声を聴くことも多いのですが、確かにあまり不動産に詳しくないお客様が来店されることも少なくありません。むしろお客様がわからない点を、親身になって解決してあげることで感謝の声をいただくことは多々ございます。

やはり「不動産のプロ」として開業していくことになるわけですから、不動産に関する知識を十分につけていくことは必須になるのでしょう。

そこで、私が不動産会社に勤めていて感じた「知っておいた方がいい不動産知識」や「フランチャイズに関するノウハウ」を紹介していこうと思います。

不動産業を知ろう!

皆さんは不動産業界についてどのくらいの知識をお持ちでしょうか。不動産の仕事は非常に多岐に渡ります。

今回は「実はあまり知らないよ!」という方のために主な仕事内容を大まかにまとめてみました!

物件の売買

一戸建て住宅、分譲マンション、土地などあらゆる不動産を売るための営業活動をおこないます。

具体的には、電話営業や飛び込み営業をしてアポイントを取り、希望をヒアリングしながら、お客様の希望に合った物件をご紹介しています。ほかにもチラシや新聞、インターネットの広告を見て問い合わせをしたお客様の対応をしたり、住宅展示場やモデルハウスの案内をしたりなどが挙げられます。

もちろん、不動産会社のほとんどがノルマを設けているため、こうした営業活動をするだけではなく、きちんと契約を取らなければならないというのも忘れてはならない点です。事実、ノルマ達成のコツを掴むまでかなり苦労をする営業マンも少なくありません……!

しかし、成績が良ければかなりのリターンもあるので、接客が好き・人と話すのが好きという方にはぴったりの職業とも言えるでしょう。

また、売却希望のお客様には新たな購入者をご紹介したり、物件の査定、広告・宣伝活動をするなど、いわゆる「仲介」という業務をおこなうこともあります。

物件の賃貸

「一人暮らしのために賃貸物件を紹介してもらった」なんて経験を持つ方も多いでしょう。もちろん、マンションやアパートなどの賃貸住宅に関する業務も不動産会社の仕事。

店舗に常駐し、賃貸物件をお探しの方に対して希望の条件をヒアリングしてから、資料とともに条件に合った物件の提案・説明をおこないます。物件の売買時と同様、オーナーに代わり、仲介として物件の広告・宣伝活動をおこなうこともあります。

自社所有物件を豊富に持つ会社なら、自社物件の借り主を探すことがメインになると思いますが、他社物件を取り扱うときは代理店として営業することになります。

また、お客様の希望があれば、内覧に同行したり、必要に応じて現地まで足を運び、物件の写真を撮ることもあります。このように内覧同行時や、現地の写真を撮るために車で移動することが多いので、不動産業では普通自動車運転免許は必須アイテムです。

ちなみに賃貸の場合は店舗ごとにノルマがあり、個人にノルマを設けていることは少ないです。もともと興味を持ってくださるお客様を対象に営業をする(反響営業)ため、成果が出やすく、不動産の販売部門と比較すると女性も働きやすい環境と言えます。

その他

●不動産の企画&開発(デベロッパ)

不動産会社は物件の販売や賃貸に関する業務だけではなく、不動産の企画や開発をおこなうこともあり、デベロッパと呼ばれています。どんな建物を建てるか決めたり、土地の購入、行政の許認可申請、建設会社への発注などがデベロッパの主な仕事です。

街の再開発、リゾート開発、ショッピングモールなどの大型施設などの大規模な計画もデベロッパを中心に進められ、土地の仕入れから施工が完了するその日まで、一連の過程に関わっています。デベロッパは完成した建物を売却したり、施設利用料・テナント料によって収益を得ています。

ちなみに建物の施工はゼネコンと呼ばれる企業が手掛けています。役割は全く違うので間違いのないよう、ご注意ください!

●不動産投資

不動産投資とは、アパートやマンションを購入して家賃収入を得たり、売却で売却益を得たりすることです。投資家のニーズをくみ取って不動産を紹介をすること、購入してもらえたら運営や管理業務を代行することが主な業務と言えます。

不動産の集客方法

不動産は、不景気でも需要のある業種なので、景気の影響を受けにくいというメリットがあります。しかし高額商品のため、お客様もギリギリまで悩んでしまい、なかなか契約までこぎつけるのが難しい業界です。

やはり集客には、さまざまなアプローチをかけることが必要です!

街の不動産屋の場合…

①ネット

低コストで情報を拡散させやすく、多くのユーザーに見てもらいやすいのがインターネットです。特に、Facebook、LINE、InstagramなどSNSを活用した広告は、拡散しやすい・お客様にとって連絡を取るのにハードルが低いなどメリットがたくさんあることから、多用されています。

②公式サイト

自社SEOで集客効果が得られるのをご存知でしょうか。世の中のニーズを汲み取り、公式サイトに自社だけの特別な情報を充実させておくことで検索されやすくなります。

例えば「学生に人気の家賃が安いエリアは?」など、興味を惹くような情報を充実させておくことで、自然な流れで自社物件をチェックしてもらえるかもしれません。

このようにSEO対策を十分にしておくことで、自社の対象エリアに住みたいとお考えのお客様が集まりやすくなります。特に地元の反応が気になる地域密着型の不動産なら、特定のエリアに特化していることをアピールできる自社の公式サイトを活用すると効果的でしょう。

③チラシ・ポスティング

いまやネットでの広告がメインとなっていますが、有形商材を販売する不動産会社にとっては、チラシのようなアナログな宣伝でも十分な効果を発揮してくれます。

ポスティングは、同エリア・近隣エリアへの移住をお考えのお客様に効率よく情報をお届けすることができるおすすめの方法です!さらに配布したいターゲットを絞ることができ、賃貸マンションに戸建て販売のチラシを、反対に買取のチラシを戸建て世帯に配ることでより限定した集客が可能です。

インショップの場合…

インショップとは、「ショップインショップ」の略語で、名前のとおり別の店舗の中に店舗を構えることを意味します。ショッピングセンターやデパート、百貨店などの大型施設の中に自社のスペースを設けて営業することでさまざまなメリットを得ることができます。

●広告費が低コスト

まず第一に、広告費が低コストで済みます。路面店なら開店時にチラシを配ったり、のぼりで存在を強調したりと、たくさんのお客様に来ていただくために広告・宣伝にお金をかけなくてはなりません。

しかし、大きな商業施設に店舗を構えていれば、通りすがりでも十分に存在を示すことができますし、もともとほかに用事があった方でも興味を持ってくだされば、買い物や用事ついでに話を聞いてくれる可能性も高まります。

さらに大型施設に出店することで、施設側がインショップも合わせて宣伝してくれることがあります。その施設がもともと有名であればなおさら、施設自体の知名度を利用した集客効果が期待できるでしょう。

一般的な集客方法であるポスティングやチラシ配りをせずとも、自然とお客様が集まりやすい環境になるため、広告費の節約につながるというわけなんですね!

●好立地

また、大型施設は駅チカや近くに繁華街があるなど好立地であることが多く、人の出入りが多いため、駅から離れた路面店などよりも高い集客が期待できます。なじみのある場所にあれば、お客様にとっても気軽に立ち寄れて便利です。

一般的に、客足が遠のいてしまいがちと言われる雨や雪などの悪天候時も、屋内にあるインショップであれば安定した集客が見込めます。

スペースを借りている以上、ある程度の保証金や家賃を払わなくてはならないのが辛いところですが、メリットの多さを考えるとこれくらいは仕方ないと思えますよね。

フランチャイズ(FC)のメリット・デメリットとは?

メリット

未経験でもOK!…接客方法や販売戦略など運営に必要なものが初期装備!開業前の研修で経営・運営のノウハウを一から指導してもらえることが一般的なので、未経験でもチャレンジできます。

売り上げUPに集中できる…接客対応マニュアル改善、新しい物件の開発、TV・雑誌などによる宣伝などは本部の仕事ですから、店舗の売り上げUPだけに集中できます。もちろん売り上げが上がれば、その分オーナーの収入も上がります。

本部のブランド力を活かした集客…看板を見るだけで分かるような知名度・認知度の高い企業のFCであれば、出店するだけで集客効果があります。ブランドイメージがそのまま集客につながるというわけですね。

もちろん、本部が流したテレビやラジオなどのCMの効果を享受できるのもうれしいポイントです。

低コストで始められる…備品や設備など、最適なものが本部から提供されます。わざわざ仕入先を探す手間も省けて便利です。

銀行からの融資を受けやすいため開業資金が集まりやすいうえ、開業資金の一部を本部が負担してくれることもあります。

デメリット

ブランドイメージの低下の影響を受けやすい…会社の不祥事など、本部にマイナスイメージがついてしまうと、FC店もその影響を受けてしまう可能性があります。

経営の自由度が低い…効率UP&ブランドイメージを守るため、FC店は本部の決めた運営方法やルール、マニュアルに従って経営しなければなりません。そのため、何か改善したい点があってもオーナーがすぐにOKを出せるわけではないのです。

ロイヤリティを支払う必要がある…FCとしてさまざまなメリットを受ける代わりに、毎月本部へ売り上げの一部を「ロイヤリティ」として支払う必要があります。売り上げが思うように伸びなかった月でも関係なく支払わなければならないのは大変です。

色々と制約がある…万一契約期間内に閉店してしまった場合、違約金が発生します。また、契約が無事終了した後も、本部のノウハウが流出するのを防ぐため、同じ業種での営業は禁止していることがほとんどです。

開業する際の準備金やロイヤリティ相場

開業前の準備金

当然ながら開業前には準備資金が必要です。まず、初期費用として、加盟金と保証金がかかります。

加盟金は、研修費用や企業名・ブランドの利用料として支払うもので、保証金はロイヤリティを支払えないときや第三者に損害を与えるなどの「万一」に備えて、納めておくものです。

ロイヤリティ

FC加盟のメリット・デメリットでもお伝えしたとおり、FC店に加盟すると、毎月「ロイヤリティ」と呼ばれるお金を本部に支払わねばなりません。ロイヤリティとは、さまざまなノウハウの提供や援助などを受ける代わりに、毎月売り上げの一部を本部に納めるというものです。

当然ながら店舗の売り上げに関わらず支払い義務が生じるため、毎月のロイヤリティが妥当な額だと思えるところに加盟すると良いでしょう。ロイヤリティの算出方法には、売上歩合方式・定額方式・粗利分配方式の3種類があります。

売上歩合方式…もっとも一般的なのがこの方法です。売り上げに応じて数%~50%ほどの金額をロイヤリティとして支払います。

売上が高ければ高いほど、ロイヤリティの割合を低くしてくれる企業もあるようですね。詳しい金額については本部に確認することをおすすめします。

定額方式…売り上げの金額に関わらず、毎月のロイヤリティが定額になっています。1か月に数万円~10万円程度に金額設定している企業が多いようですね。

売り上げが高ければ利益も上がりますが、反対に売り上げが良くないときはロイヤリティが負担になることも。しかしロイヤリティの割合が変動せず、シンプルで分かりやすいので資産管理しやすいのがメリットと言えます!

粗利分配方式…これは主にコンビニチェーンで採用されている方式です。本部と加盟店で利益を分け合うような形になっており、上記二つの方式と比べて少々複雑です。

ロイヤリティの割合は約30%~70%ほど。売上総利益にロイヤリティの計算がおこなわれ、売り上げの高さに応じて細かく金額設定されます。

フランチャイズ(FC)加盟する際の会社の選び方

ブランドイメージをCHECK

知名度・認知度の高い看板を掲げることで、社会的にも信用されやすくなり、集客面でも高い効果を得ることができます。そのため、加盟店にとってFC本部の信頼性やブランドイメージは非常に重要です。

FC加盟する前にまずは、その企業が世間からどのようなイメージを持たれているのか調べましょう。口コミ・評判だけではなく、企業の実績、過去に不祥事が無かったか、CMに起用されている芸能人などもチェックしてみてください。

何より、自分が消費者目線・お客様目線に立ったときに、本当に信頼がおける企業なのか考えることが大切です。安易に「大手だから」、「有名だから」という理由だけで選ぶのではなく、さらに一歩踏み込んだ視点で選ぶと失敗しないでしょう。

企業戦略やサポート内容をCHECK

ブランドイメージや社会的な影響力だけではなく、本部の企業戦略もチェックしておきたいポイントです。どのようにして売り上げを伸ばしていくか、企業全体での今後の展望など、具体的な方法を瞬時に提案できるような本部であれば、加盟後も売り上げUPのために積極的に手助けし、導いてくれることでしょう。

例えば企業戦略の一環で、路面店としての出店だけではなく、インショップとしての出店も提案してくれるような不動産会社ならどうでしょうか。あえてショッピングモールなどの大型施設に店舗を構えることで、インショップならではのたくさんのメリットがあります。

まず。インショップのメリットの一つにポイント制度で差別化できるという点があります。独自のポイント制度を設けている家電量販店やショッピングモールのインショップなら、ポイント付与など特典・プレゼントキャンペーンを実施するなどして他社と差別化を図ることも可能です。

さらに、インショップなら地域に合った戦略・集客が可能。地元の方が集まりやすい大型施設に出店することで、その地域に合わせた集客が可能になりますし、地域に根差した販売戦略で地元のお客様の心をぐっと掴むことができるはずです!

また、FC加盟店にどのようなサポートをおこなっているのかもチェックしておきたいですね!ロイヤリティの金額についつい目が行ってしまいがちですが、実はロイヤリティが高くても経営に関するサポートが他社より手厚い場合があります。

必ずしもロイヤリティが高いことが「悪」とは言えません。ですから、FC加盟店に対してどんなサポートをおこなっているのか注目することが大切なのです。

では、企業戦略やサポート内容に関する情報を確実に集めるには一体どうすれば良いのでしょうか。実は、セミナーや説明会に参加してみるのが最も確実かつ手っ取り早い方法です。

FC加盟店を募集している不動産会社は、FCに関するセミナーや説明会を定期的におこなっています。セミナーや説明会で直接話を聞くことで企業選びの重要な判断材料となるでしょう。

これからFCで独立したい方は、是非資料請求やセミナー・説明会へ参加してみてください。情報をしっかりと集めておけば、後悔する選択をしなくて済みます!

信頼できる不動産会社のもとで加盟店になれば、ロイヤリティも怖くありません!一人でも多くのお客様に素敵な物件を提案できるよう、加盟店が余裕を持てるような本部を選びたいものですね。

まとめ

不動産FCについてさまざまな情報をまとめてきましたが、皆さんの疑問を解決することはできましたでしょうか。

すでに何度か述べているとおり、FC本部のブランドイメージは集客に大きな影響を与えるため、非常に重要なものです。ロイヤリティや保証金など、運営するうえで必要になる費用も忘れずにチェックしておきたいですね。

後悔しない選択をするためには、説明会やセミナーに参加したり、資料請求をしたりして事前にしっかりと情報を集めることが大切ですよ!

記事一覧

不動産売買のFCに加盟し業務を続けていると、自然と様々な異業種や同業者のFCについての情報が入ってくるものです。それらを見ていると今のところよりも別の不動産売買FCのほうが利益を得られそうだ ・・・[続きを読む]
フランチャイズに加盟することによって事業を立ち上げるのがスムーズになります。しかしフランチャイズ展開をしている親会社も、応募した人全員をフランチャイズに加盟させているわけではありません。不動 ・・・[続きを読む]
不動産売買フランチャイズに契約して不動産業の開業を検討する場合でも、日本政策金融公庫から融資を受けて開業資金を調達することが可能です。しかし通常の創業資金融資とは異なる点もある為、注意が必要 ・・・[続きを読む]
近年の日本では転職希望者の多くが自己都合で離職していますが、労働条件や仕事の内容などが主な離職理由とされています。男女別では男性だと会社の将来に不安を感じて再就職を考える人が多く、女性は労働 ・・・[続きを読む]
不動産売買のフランチャイズでは一戸建て住宅や分譲マンション、土地など様々な不動産を販売するための営業活動を行います。電話や飛び込みによる営業で顧客からアポイントを取ったり、要望を聞きながら最 ・・・[続きを読む]
世の中には個人事業主で活躍する方もいれば、法人で活動している方もいるでしょう。働いていた会社を辞め独立し、オーナーとなる人が多いですが、会社で働きながら副業や副業としてフランチャイズに加盟し ・・・[続きを読む]
フランチャイズを利用すれば最初から快適に商売をすることができます。不動産売買のサービスでもFC契約を行っているところはいくつかあります。それぞれのサービスにより支援体制などが違うので、どこを ・・・[続きを読む]
不動産売買の商売をするときにはフランチャイズを利用するといった手段があります。そしてフランチャイズでは説明会というものを定期的に開催しています。そこで説明会に参加して内容を確認しておきましょ ・・・[続きを読む]
不動産売買フランチャイズには、さまざまな不動産会社が参入しており、その選択肢は豊富です。しかし豊富であるがゆえ、それぞれにメリットとデメリットがありますので、利用するには特にサポート体制が充 ・・・[続きを読む]
フランチャイズ契約で不動産売買事業を行なおうと考えた時、前もってやるべき事は何か気になるところかと思います。個人での起業とは違い、自分で行なわなくて済むものもありますが、それでも起業するため ・・・[続きを読む]
不動産売買を行うためには、宅建業者として各都道府県知事の許可か国土交通大臣の許可を得ることが必要です。宅建業免許は法人でも個人でも取得できるため、従来の宅建業は他業種に比べて個人事業主の多い ・・・[続きを読む]
不動産屋をするときには、自分で独立する方法とフランチャイズに加盟する方法が用意されています。フランチャイズなら安い金額で開業できるので便利です。ただしフランチャイズは場合によって違約金が発生 ・・・[続きを読む]
不動産売買フランチャイズというのは、不動産会社が展開しているビジネスモデルの一つで不動産業界に参入したいと考える人たちが利用しています。メリットとしては、他のフランチャイズ同様にノウハウを得 ・・・[続きを読む]
50代に差し掛かって、老後の資金繰りについて考えているという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は50代から老後のために不動産売買フランチャイズを始めた方がいい理由と、その働き方について ・・・[続きを読む]
最近サラリーマンでも働き方改革で副業をする方も増えてきました。その選択の一つに不動産フランチャイズがあります。そこで今回はもしかしたらノウハウがなくてもサラリーマンよりも稼げるかもしれない、 ・・・[続きを読む]
さまざまなフランチャイズビジネスの中でも、不動産売買は「衣・食・住」のうちの「住」という、人々の生活に欠かせない分野を扱うことから安定度が高いとして人気があります。ただ、不動産売買は取引のル ・・・[続きを読む]
不動産売買フランチャイズの特徴として、エリア制が挙げられます。エリア制は地区本部制、又はエリアフランチャイザーとも称される仕組みです。この制度の下では、加盟店は企業本部に加えて特定エリアの本 ・・・[続きを読む]
フランチャイズにはさまざまな種類があり、そのジャンルの一つとして不動産売買があります。不動産売買を行う場合には宅建免許が必要ですが、フランチャイズに加盟する場合は必ずしも開業者が宅建免許を持 ・・・[続きを読む]
不動産屋には大きく分けて2つのものがあります。1つは直営店でもう1つはフランチャイズです。2つのものはどちらも内容が違っているので理解しておきましょう。基本的にフランチャイズは本部に加盟して ・・・[続きを読む]
不動産売買フランチャイズは企業本部から経営ノウハウを伝授され、業界未経験者でも開業・独立できるのが魅力です。但し変化の激しい時代の中では、成功するケースと失敗するケースが分かれます。成功する ・・・[続きを読む]
不動産売買を営む事業を立ち上げる際にフランチャイズを利用し、チェーン店に加盟してオーナーになる場合には、多額の資金投資も絡んでいきます。加盟先を選ぶ際には、本部が推進する営業方針や集客力など ・・・[続きを読む]
フランチャイズビジネスを始めるときは、加盟店と事業本部との間で契約を取り交わし、その内容に従って事業を展開していきます。長く安定した事業を営むには、期間の長さや更新手続きなどに関する取り決め ・・・[続きを読む]
不動産業で成功するには顧客数を増やしたり、高価格物件を扱うなどの方法があります。一方、顧客から相談しやすい店舗にすることで、売上の大幅な向上が見込めます。そうした店舗づくりに直結するのが、不 ・・・[続きを読む]
大手のブランド力や集客力の高さを活用すれば、多くの売上を見込むことも可能です。フランチャイズに加盟することで多くのメリットを得られますが、契約途中で事情が変わり、退会する必要が生じる場合もあ ・・・[続きを読む]
不動産の業界は、儲かる業種だと言われていて、会社をリタイヤした人たちが自分でショップを始めたいと考えています。ですが不動産の賃貸や売買は、建築基準法や借地借家法から宅建業法や用途規制などのさ ・・・[続きを読む]
不動産売買事業にフランチャイズを利用して参入する場合には、開業準備に相応の期間が必要となります。ここでは、不動産事業の起業を考え、フランチャイズ形式での開業を目指す方に向け、準備に要する期間 ・・・[続きを読む]
不動産売買の会社を始めたい人やすでに始めている人にとって、成功するにはどのような不動産屋にしたら良いか考えると思います。お客様が相談しやすく、気軽入りやすい店舗を目指すにはどうしたら良いでし ・・・[続きを読む]
テレビのCMなどで宣伝されている不動産会社の多くは、フランチャイズ制度を導入していて不動産売買や賃貸の仲介を行なっています。この制度は、不動産会社に加盟金というロイヤリティを支払い知名度のあ ・・・[続きを読む]
不動産売買参入の場合、フランチャイズシステムを利用するケースが増えています。高額物件売買には、高い集客力と仕入れ効率の高さが必要だからです。情報が重要とも言われる不動産業界では個人での営業で ・・・[続きを読む]
サイト内検索
記事一覧